スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

田舎暮らしに必要なモノ、要素について2

 2006-11-20
教授です。
前回の続きです。

田舎を許容できる、広く穏やかな心
都会から引っ越してきたのなら、始めのうちは
田舎の人々の行動、文化に戸惑い、疑問や不満に
感じることも多いかもしれません。

しかし、都会的発想で全てをこなそうとするならば、失敗します。
地域には地域なりのやり方があります。
「郷に入れば郷に従え」です。
こり固まった考え方をちょっと改めてみましょう。
そうすると、素晴らしい世界を見つけ出すことが
可能かもしれません。

ただし、田舎での地域発展アイディア作りにおいて、
都会的思考やアイディアを持つ人は重宝されますので、
覚えておくと良いでしょう。

ちなみに、都会に住む人の中には、
「近所に誰もいない山奥に住みたい」等、
コミュニケーションを避けることを考える人もいますが、
結構大変でしょうね。

生活ががらりと変わるわけですから、
地域での協力者がいたほうが心強いです。

田舎の人は一部を除き、そんなに悪い方はいらっしゃいませんから、
様子を見ながら、積極的に関わって欲しいですね。
人脈も形成されますし。田舎暮らしがより一層豊かになります。
ただし、give&takeの関係を保ち、お礼も忘れずに行ってください。

田舎では、人と人との信頼関係が特に重要です。
信頼関係が崩れると、一気に周囲へ波及し影響が出ます。
やや、田舎の怖いところでもあります。

でも、心配なさらずに。
誠意を持って対応すれば、おそらく問題ないでしょう。

とりあえず、思いついたところを書いてみました。
何かあれば、再び取り上げます。

次回は、田舎への移住を考える方に、
田舎の選び方について、お教えします。
移住を考える団塊の世代の方、必見です。
スポンサーサイト

田舎暮らしに必要なモノ、要素について

 2006-11-20
教授です。

田舎暮らしに必要なモノ、要素を
思いついたものから挙げていきましょう。

自家用
必須です。無いと生活はかなり厳しいですよ。
もちろん、バス等の手段もありますが、
運行が2、3時間に1本や2本、終了が18時位でも
不思議ではありません。

特に街から外れた場所に住むのなら、
自家用が無いと、辛すぎます。
ちなみに田舎の方は、軽自動を多用します。
また、家族の誰もが運転できるように、
免許を持っておくことも大切です。

お金。特に移動費。
交通費、ガソリン代等、
移動コストは都会より高いです。
頻繁に移動する方は、意識しておいたほうが良いでしょう。
私の地域は神奈川に比べ、物価も若干高いですね。
土地代は安いようですが。でも、今住んでいる場所の
家賃は田舎の割には高い。。。
トータルで考えれば安いのかもしれませんが、
都会生活と際立った支出差が無い可能性もあります。

続きは次回に。

3年間生活できますか?2

 2006-11-15
教授です。

都会から田舎移住するにあたって大事なことは
「3年間、田舎生活できるか」です。
語弊があるかもしれませんが、
「絶えられれば」大丈夫です。たぶん。

特に1年目は大変ですよ。
私の経験をお話します。

私が神奈川からこちらへやってきた時は
毎日がカルチャーショックの連続でした。

まず、交通の便の悪さ。
鉄道は1時間に1本程度しかなく、
夜12時まわらず運行終了。
車があれば別ですが、公共交通を使って、
気軽にふらっと隣町への考え方は捨てたほうが
良いかもしれません。
どこへ行くにも、プチ旅行の感覚を持ってください。

次にが少ない。
都会のように同系統のが何十軒もあるわけではないので、
必然的に選択肢が減ります。また、も熾烈な競争状態に
おかれているわけでは無いので、サービスや味等が
劣る場合が多々あります。最近はインターネットショッピングや
有名の進出等があるので、地域間の差は縮まりつつありますが、
ウインドーショッピング派、すぐに物が欲しい派等にとっては
辛いところかもしれません。
どうしてもという場合は、車で都会に出る方法もあります。
しかし、数時間の移動は覚悟して下さい。

そして、田舎の人は意外と警戒心が強い。
親切かと思いきや、最初のうちはよそ者扱いをされる
ことが多いかも知れません。

とまぁ、他にも色々ありますが、
大まかにはこんなところです。

1年目はこれらの文化に馴染めず、ストレスが溜まりました。
都会が恋しくなり、他大に編入しようかと考えましたが、
「せっかく来たのだから」と自分に言い聞かせていました。

2年目、地域の映像制作プロジェクトに参加したのが
転機となりました。そこで出会った地元の人々と親しくなり、
少しずつ考え方が変わってゆきました。
田舎の人々は一度親しくなれば、本当に親切にしてもらえます。
何かと相談に乗ってくれたり、ある時は食材を提供してもらったりと、
都会には無い、人の温かさに触れることができます。

3年目ともなると、田舎での移動やが少ないことにも慣れ、
地域には地域のやり方があると、肯定的に考えられるように
なりました。

逆に神奈川へ帰ると、無秩序な開発、
忙しなく、周囲に無関心な人々が多いことに驚かされます。
こちらで生活することが無ければ、気にも留めなかったでしょう。
本当に都会に住むことが幸せなのかと、疑問を抱くようにもなりました。

4年目、田舎人のテイストを持ちつつあります。
居住地域への愛も持ちました。
でも、都会も好きですよ。

私は学生ですが、概ね田舎が嫌いな(大学が嫌だと言う理由を
持つ者含め)学生らは、2年以内には何らかの脱出アクションを起こしています。

全ての人に当てはまるとは限りませんが、
長く見て3年位田舎に住めば、
「都」に近い存在になるのではないでしょうか。

次回は「田舎暮らしに必要なモノ、要素」について
お話したいと思います。

3年間生活できますか?

 2006-11-15
教授です。

田舎暮らしをしたい、興味があるという人
に知って欲しいことがあります。
特に大都会から来る人にはぜひ。

「あなたは田舎3年間生活できますか?」

田舎の人が聞いたら、怒るかもしれない。。。
ご批判はあるかもしれませんが、
都会から引っ越してきた身として、正直なところを
書いてみます。

続きは次回に。

初投稿

 2006-11-10
教授です。このブログを利用しての初書き込みです。
いきなりですが、私はあと2か月程度で田舎暮らしを終了することになりました。

大学を進学を機に、こちらへ移住して4年目。
間もなく社会人になりますが、そのスタートは東京で切ることに
なりました。 こちらで就職をしようとも考えましたが、
なかなか良い就職先が見つからない。また、こちらの
企業(地方TV局)を受けても、最終面接で落とされてしまいました。
数百名から、あと7名というところまでたどり着いたのに・・・無念。
採用数が少ない、地方の企業で就職するのは結構大変です。

結局、東京のIT企業に進むことになりました。
神奈川→田舎→東京、でも、その企業は全国展開なので
東京の次はどこへという流れになりそう。

まぁ、そうなってもここで生活した経験が大いに活かせるのではないかと考えています。

このブログは、4年間の田舎暮らしの回顧録として、田舎暮らしを始めてみたい方や、
興味がある方にきっとお役に立てるのではないかと考えています。

拙い文章ではありますが、
どうぞよろしくお付き合い下さいませm(_)m
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
天然コケッコー

google検索

ブログポータルサイト化宣言!

WWW を検索
教授の下京日記内を検索

プロフィール

kyojyu☆

Author:kyojyu☆
訳あって「教授」と呼ばれております。
2007年4月まで、西日本にある田舎の大学へ通っていました。

4年間で、郷土「愛」に目覚めました。
「都会」と「田舎」のハイブリッドなセンスを持った社会人を目指し、日夜努力に励んでまいります。

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセス数
ゲームコーナー
ブログランキング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

携帯用QRコード
QRコード

フリーエリア
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。