スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

3年間生活できますか?2

 2006-11-15
教授です。

都会から田舎移住するにあたって大事なことは
「3年間、田舎生活できるか」です。
語弊があるかもしれませんが、
「絶えられれば」大丈夫です。たぶん。

特に1年目は大変ですよ。
私の経験をお話します。

私が神奈川からこちらへやってきた時は
毎日がカルチャーショックの連続でした。

まず、交通の便の悪さ。
鉄道は1時間に1本程度しかなく、
夜12時まわらず運行終了。
車があれば別ですが、公共交通を使って、
気軽にふらっと隣町への考え方は捨てたほうが
良いかもしれません。
どこへ行くにも、プチ旅行の感覚を持ってください。

次にが少ない。
都会のように同系統のが何十軒もあるわけではないので、
必然的に選択肢が減ります。また、も熾烈な競争状態に
おかれているわけでは無いので、サービスや味等が
劣る場合が多々あります。最近はインターネットショッピングや
有名の進出等があるので、地域間の差は縮まりつつありますが、
ウインドーショッピング派、すぐに物が欲しい派等にとっては
辛いところかもしれません。
どうしてもという場合は、車で都会に出る方法もあります。
しかし、数時間の移動は覚悟して下さい。

そして、田舎の人は意外と警戒心が強い。
親切かと思いきや、最初のうちはよそ者扱いをされる
ことが多いかも知れません。

とまぁ、他にも色々ありますが、
大まかにはこんなところです。

1年目はこれらの文化に馴染めず、ストレスが溜まりました。
都会が恋しくなり、他大に編入しようかと考えましたが、
「せっかく来たのだから」と自分に言い聞かせていました。

2年目、地域の映像制作プロジェクトに参加したのが
転機となりました。そこで出会った地元の人々と親しくなり、
少しずつ考え方が変わってゆきました。
田舎の人々は一度親しくなれば、本当に親切にしてもらえます。
何かと相談に乗ってくれたり、ある時は食材を提供してもらったりと、
都会には無い、人の温かさに触れることができます。

3年目ともなると、田舎での移動やが少ないことにも慣れ、
地域には地域のやり方があると、肯定的に考えられるように
なりました。

逆に神奈川へ帰ると、無秩序な開発、
忙しなく、周囲に無関心な人々が多いことに驚かされます。
こちらで生活することが無ければ、気にも留めなかったでしょう。
本当に都会に住むことが幸せなのかと、疑問を抱くようにもなりました。

4年目、田舎人のテイストを持ちつつあります。
居住地域への愛も持ちました。
でも、都会も好きですよ。

私は学生ですが、概ね田舎が嫌いな(大学が嫌だと言う理由を
持つ者含め)学生らは、2年以内には何らかの脱出アクションを起こしています。

全ての人に当てはまるとは限りませんが、
長く見て3年位田舎に住めば、
「都」に近い存在になるのではないでしょうか。

次回は「田舎暮らしに必要なモノ、要素」について
お話したいと思います。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kyojyunikki.blog83.fc2.com/tb.php/4-dad9daf5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
天然コケッコー

google検索

ブログポータルサイト化宣言!

WWW を検索
教授の下京日記内を検索

プロフィール

kyojyu☆

Author:kyojyu☆
訳あって「教授」と呼ばれております。
2007年4月まで、西日本にある田舎の大学へ通っていました。

4年間で、郷土「愛」に目覚めました。
「都会」と「田舎」のハイブリッドなセンスを持った社会人を目指し、日夜努力に励んでまいります。

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
アクセス数
ゲームコーナー
ブログランキング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

携帯用QRコード
QRコード

フリーエリア
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。